2018年6月19日(火)

1月消費、実質0.9%増 寒波押し上げ 節約懸念も

2018/3/9 15:14
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 総務省は9日、全世帯の消費総額を示す1月の総消費動向指数が101.4となり、実質で前年同月から0.9%増えたと発表した。寒波による暖房需要の高まりやインフルエンザの流行が支出を押し上げた。一方で生鮮食品など必需品の値上がりや、収入の目減りで春物衣料が苦戦するなど節約志向のぶり返し懸念もちらつく。

 総消費動向指数は総務省が1月分から公表を始めた新指標だ。需要側の統計に、鉱工業生産指数などの供給側の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報