/

三井住友銀行など、有力新興企業の支援コンテスト 31社参加

三井住友銀行と日本総合研究所などはこのほど、国内外のスタートアップ企業を対象としたコンテスト「未来2018」の最終審査会を大阪市で開催した。国内外から31社が参加。事業の分野別に出資や支援対象を決め、電池診断装置の開発を手がけるゴイク電池(大阪市)など5社が選ばれた。

選ばれた企業はベンチャーキャピタル(VC)や企業などからの出資や事業支援などを受けられる。プログラムは今年で3回目。大手企業や自治体など約30団体が運営に加わっており、92社の応募があった。

ロボットや情報技術、医療など分野別の最終選考で選ばれたのは、スペースリンク(神奈川県藤沢市)、ゴイク電池(大阪市)、FOLIO(東京・千代田)、Co-LABO MAKER(仙台市)、あっと(大阪市)の5社。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン