/

この記事は会員限定です

株、消えた500円高 上げ幅抑える4つの売り圧力

証券部 福井環

(更新) [有料会員限定]

9日の東京株式市場で日経平均株価は、前日比101円高の2万1469円で取引を終えた。株式市場を揺さぶっていた米関税を巡る通商問題と日本株の重荷として意識されてきた北朝鮮の地政学リスクの後退が同時に起き、急速にリスクオンに傾いた。上げ幅は一時500円を超えた。ただ、朝方の買いが一巡した後は、ホンダ日産自動車など景気敏感株が下げに転じ、上げ幅は縮小。一時マイナスにも転じた。今晩の米雇用統計の発表を控えて短期筋の売り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り925文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン