/

「M」を「W」に マクドナルド、女性デーでロゴ反転

【ニューヨーク=高橋里奈】米マクドナルドは8日、国連が定めた国際女性デーを記念し一部で「M」のロゴを「W」に反転させた。米国内の100店で紙袋や包装紙、従業員の服や帽子のロゴを、カリフォルニア州の店舗では看板もWに変えた。初の試みという。

米国にあるマクドナルドの店舗では約6割のマネジャーが女性という。女性がオーナーのカリフォルニア州リンウッドの店舗ではWの看板が掲げられた。チーフ・ダイバーシティー・オフィサーのウェンディ・ルイス氏はWロゴの採用について「女性の並外れた実績に敬意を示す」と述べた。

女性蔑視発言を繰り返すトランプ大統領に反発する女性が「女性大行進」を展開するなど、米国では女性の権利向上を訴える動きが盛んになっている。セクハラ被害者が声をあげる「#Me too(私も)」運動も全米で広がっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン