電機大手、ベア1500円で決着へ 自動車は前年並み攻防

2018/3/8 23:07
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2018年春季労使交渉の集中回答日を14日に控え、賃金水準を底上げするベースアップ(ベア)をめぐる攻防がヤマ場を迎えている。電機大手は月1500円で決着する見通しとなった。自動車大手は17年実績の1000~1600円を確保するかが焦点となっている。ただ、多くの企業の月例賃金はベアと定期昇給を合わせても安倍晋三首相が求める3%の賃上げには届かなさそうだ。労組は上積みを目指して交渉を続ける。

電機大…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]