/

セコマの飲料が道食品認定 大手のPBで初

北海道は8日、道独自の食品機能性表示制度「ヘルシーDo」で新たに12商品を認定した。セコマが2017年9月に発売したスポーツ飲料も大手チェーンのPB(プライベートブランド=自主企画)商品として初めて選ばれた。「道内全域で定番販売されているPBにマークが付くのはこれまで例がない」(道の担当者)という。

ヘルシーDoに選定されたセコマの「オリゴノールプラス」(118円)はアミノアップ化学(札幌市)が開発した機能性成分「オリゴノール」を配合している。オリゴノールは果物のライチから抽出したポリフェノールで、血流改善などの効果が見込め、スポーツ選手がサプリメントなどで摂取する事例もあるという。

ヘルシーDoは道が13年から始めた食品機能性表示制度。道内で製造され、健康的な体づくりにつながると科学的な研究で認められた加工品に対して道が認定する。認定品は専用のロゴを表示できる。今回の第10回認定ではセコマの飲料を含め、洋菓子店わらく堂(札幌市)の乳酸菌が入った「豆乳入かご盛レアチーズケーキ」など7社12商品が認定された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン