2018年6月24日(日)

新型新幹線車両の乗り心地改善 JR東海、小牧の施設公開

2018/3/8 22:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 JR東海は8日、愛知県小牧市にある研究施設の報道向け見学会を開いた。2020年度に東海道・山陽新幹線で導入する新型車両「N700S」に搭載する制振制御装置の開発に使ったシミュレーターなど5つの設備を公開。同社は今後も、自前の施設を活用し、先端技術を開発する。

 公開した車両運動総合シミュレーターは、油圧で動く6軸の装置を使うことで上下左右前後などの動きを再現できる世界初の設備だ。車体の揺れを制御す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報