/

この記事は会員限定です

P&G、増配優等生が直面する成長の壁

[有料会員限定]

日用品メーカー米プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)は、180カ国で商品を販売する屈指のグローバル企業だ。株式市場では連続増配企業として知られ、その長さは2017年6月期まで61年の長期にわたる。徹底したマーケティングで築いた強いブランド力が連続増配を支える強さの源泉だ。だが、財務諸表を読み解くと、そんな増配優等生が岐路に立っている様子も浮かび上がってくる。

「P&Gの事業運営と株価のパフォ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1298文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン