バリアフリー方針決定、5月に延期 名古屋城復元で市

2018/3/8 21:49
保存
共有
印刷
その他

木造復元する名古屋城天守閣のバリアフリー化を巡り、名古屋市は8日、方針決定を5月に先送りすると明らかにした。当初は3月を予定していたが、有識者らより多くから意見を聞く必要があると判断した。検討が長引けば設計の具体化や文化庁との調整が遅れる可能性があるが、市は「5月なら工期に悪影響は出ない」としている。

市は当初、史実に忠実な復元をするため木造天守閣にはエレベーターを設置せず、代わりに階段昇降機を置く考えを示した。ただ障害が重く利用できない人もいるとして障害者団体が反発、市は全庁的なプロジェクトチームで再検討している。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]