全人代、40代の地方指導者が台頭 相次ぐ習氏礼賛
将来リーダーにらみ、胡錦濤氏の長男も

2018/3/8 19:04
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国・北京で開会中の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で、40歳代の若い地方指導者に注目が集まっている。国家主席の任期制限撤廃で習近平(シー・ジンピン)国家主席による長期政権が視野に入る中、「ポスト習」世代とされてきた1960年代生まれと並び、70年代生まれが将来のリーダー候補を狙い習氏を礼賛する発言でアピールした。

「習総書記が浙江省時代に成長戦略を明確に打ち出し、浙江の特性を十分に引き出…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]