/

この記事は会員限定です

米輸入制限、だんまり日本 対中協調にらみ歯切れ悪く

[有料会員限定]

トランプ米大統領が表明した鉄鋼とアルミニウムの輸入制限を巡り、日本の歯切れの悪さが目立っている。欧州連合(EU)や中国は米国からの輸入品に対する関税を引き上げる報復措置を主張しているが、日本は対話で撤回を促す方針を示すだけで報復には消極的。「だんまり」を続ける日本の背景には、3つの事情が浮かび上がる。

トランプ氏は8日(日本時間9日)にも、鉄鋼とアルミニウムの輸入制限を命じる文書に署名する見通しだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り788文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン