/

ICTSI、17年利益横ばい

■インターナショナル・コンテナ・ターミナル・サービシズ(フィリピン港湾運営大手、ICTSI) 2017年12月期の純利益が1億8200万ドル(約190億円)と前期比1%増にとどまったと発表した。港の開設費用などがかさんだ。

売上高は同10%増の12億4400万ドル。オーストラリアのメルボルンで新港を開設したコストが重荷となったほか、金利や減価償却費などが膨らんだ。17年のコンテナ取扱量は5%増の915万3458個(20フィート換算)だった。(マニラ=遠藤淳)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン