2018年12月12日(水)

カロナールは「軽くなる」 薬の名前はこう決まる

2018/3/8 15:06
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1回の服用だけで済む塩野義製薬のインフルエンザ治療薬「ゾフルーザ」が14日から保険適用を受ける。発音しにくいが、一度聞けば忘れない感じもするこの名前。ノックアウトを意味する「XO」と「インフルエンザ」を掛け合わせた造語で、学術的な意味よりも、もじりによる言葉遊びの要素が強いのだ。なじみの薄く、複雑怪奇な薬の名前はどのように決められているのだろうか。

■語感を大事に だじゃれもアリ

最も一般的な薬の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報