/

この記事は会員限定です

大手が競って参入 AI半導体は何がすごいのか

いまさら聞けない注目テック用語

[有料会員限定]

人工知能(AI)向けの処理に特化した半導体「AI半導体」を巡る動きが活発化している。どれも深層学習(ディープラーニング)を高速に処理するための半導体だ。AI半導体が広がるきっかけとなったのは米グーグルが2016年に発表した「TPU」だろう。社外には販売せず、自社のサービス向けに使い始めた。17年に第2版である「クラウドTPU」を発表。18年2月にはこれを同社のクラウドサービス「グーグルクラウドプラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2755文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン