2019年8月26日(月)

名古屋の交換業者幹部、仮想通貨を私的流用 金融庁発表

2018/3/8 11:38 (2018/3/8 12:09更新)
保存
共有
印刷
その他

金融庁は8日、仮想通貨交換業者「ビットステーション」(名古屋市)が、顧客から預かった仮想通貨を私的に流用していた同社の幹部を刑事告発したと明らかにした。同社の100%株主だった経営企画部長が、顧客のビットコインを私的に流用していたという。金融庁は同日、改正資金決済法に基づき、同社のすべての業務を対象に1カ月間の業務停止命令を出した。

金融庁は8日、仮想通貨交換業者「ビットステーション」(名古屋市)が、顧客から預かった仮想通貨を私的に流用した同社幹部を刑事告発したとの説明は誤りだったと訂正した。金融庁は同社に対し、刑事告発するよう求めたが、「現時点では告発に至っていない。今後、告発するかどうかは同社の判断になる」とした。

訂正>「仮想通貨を私的流用 名古屋の交換業者、幹部を刑事告発」記事で、金融庁は8日、「同社幹部を刑事告発した」との説明は誤りだったと訂正しました。これに伴い、見出しも変更しました。(2018/3/8 12:20)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。