音別を「音」で発信 タンチョウ給餌場、祭り…地域の音アピール

2018/3/7 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

過疎化が深刻な釧路市の音別地区を「音」で盛り上げようというプロジェクトが動き出した。音別にある様々な地域資源の特徴的な音を約1年かけて集め、リズムのある曲に編集するなどして発信する。すでに推進している植物のフキを生かした地域活性化に加え、音でも街をPRするという地方都市では珍しい取り組みだ。

このプロジェクトは、音別地区で雇用創出や地域づくりに取り組む一般社団法人釧路社会的企業創造協議会の音別部…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]