/

この記事は会員限定です

バイナス、飲料提供をロボで自動化 外食産業向けに開発

[有料会員限定]

バイナス(愛知県稲沢市)は紙コップやグラスに飲料を注ぐディスペンサーの前に据え付け、店員らに代わって客に飲料を提供するロボットシステムを開発した。既存のディスペンサーをそのまま使えるため、導入コストを抑えられる。人手不足に直面する飲食店やコンビニなどに売り込む。

価格は300万~500万円を想定。6月をめどに受注を始める。システム開発、製造はバイナスが担い、飲食店の企画・設計のラックランドが施工や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り266文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン