UCC、カフェチェーン「珈琲館」をファンドに売却

2018/3/8 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

UCCホールディングスはカフェチェーン「珈琲館」の株式を投資ファンド、ロングリーチグループに譲渡することで合意した。売却額は数十億円とみられる。コーヒー市場は伸びが続いているが、喫茶店の同業に加え、コンビニエンスストアの持ち帰りコーヒーとの競合も激しくなっている。事業の選択と集中が必要と判断した。

傘下のユーシーシーフードサービスシステムズ(東京・港)が5月1日付で珈琲館の事業を分割し、ロングリ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]