/

この記事は会員限定です

王子HD、仕掛ける製紙再編の第二幕

証券部 白壁達久

[有料会員限定]

長らく進まなかった製紙業界再編の号砲を鳴らしたのは、国内最大手の王子ホールディングスだった。2月、同6位の三菱製紙と資本・業務提携を結ぶと発表した。両社の売上高は単純合算ベースで1兆7010億円(2018年3月期会社見通し)と、同2位で1兆500億円の日本製紙を引き離す。国内の印刷向け洋紙は電子化の波にあらがえず、出荷量が毎年約3%減っている。

王子HDの矢嶋進社長は提携の狙いについて「価格競争力をつけて、海外でも勝てる体制...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1495文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン