/

日清食HDが国際会計基準を適用、18年4~6月期決算から

日清食品ホールディングスは7日、2018年4~6月期決算から国際会計基準(IFRS)を適用すると発表した。現在は日本基準を採用している。投資家が海外企業との比較などがしやすいようにする。

18年3月期は連結売上高で5200億円、純利益で245億円を見込む。新基準に移行すると、売上高は日本基準より780億円減るとみられる。毎年20億円弱を計上しているのれんの償却がなくなる分は利益を押し上げる要因となる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン