/

この記事は会員限定です

新技術が試す自由の精神

上級論説委員 実 哲也

[有料会員限定]

歴史は逆回転し始めたのだろうか。

豊かになれば民主化が進むと思われた中国は習近平(シー・ジンピン)国家主席への権力集中が進む。アリババ集団の馬雲会長は「ビッグデータを使えば市場の動きも予想できるようになり、計画経済も可能になった」と説く。

米欧では政治の分断が進み「民主主義の危機」を叫ぶ声も聞こえる。金融危機や格差拡大を背景に資本主義への懐疑論も頭をもたげている。

冷戦終結後の1992年に自由民主...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1409文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン