2019年4月21日(日)

トヨタの木の車は今も語り草、隈研吾氏が語る材料技術

(1/3ページ)
2018/4/2 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2020年の東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場の設計を手掛ける建築家、隈研吾氏。同スタジアムでは、観客席を覆う屋根架構に木と鉄のハイブリッド構造を用いる。ほかにも、1968年に完成したビルをロープ状の炭素繊維複合材料で覆うように耐震補強したり、ETFE(熱可塑性フッ素樹脂)フィルムを壁として用いたりするなど、さまざまな材料を用いて斬新な建築を生み出している。建築における…

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報