2018年6月19日(火)

吉本興業、eスポーツ参入 プロチーム運営

2018/3/7 14:52
保存
共有
印刷
その他

 吉本興業は7日、ゲーム対戦競技「eスポーツ」事業に参入すると発表した。プロチームを運営するほか、eスポーツの大会やイベントを開催する。同社に所属するタレントをプロゲーマーとして契約した。スポーツ選手のマネジメントや劇場運営、番組制作で培ったノウハウをeスポーツビジネスに生かす。

プロチーム「よしもとゲーミング」を運営する

 プロチーム「よしもとゲーミング」を設立し、ゲーム作品ごとに4つのチームを運営する。同社に所属する西沢祐太朗さんや小池龍馬さんら、タレント3人とプロゲーマー契約を結んだ。プロゲーマーとして報酬を支払い、海外の大会への渡航費なども支給する。

 動画共有サイト「ユーチューブ」などに配信するゲームの実況動画も増やす。春以降に東京都で格闘ゲームの大会を開催するほか、同社の劇場でイベントも開く。タレントがイベントに出演することで、タレントのファンらもeスポーツに関心を持ってもらう。

 マネジメント子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー(大阪市)の星久幸スポーツ事業センター長は「eスポーツ市場は成長しており、エンターテインメント企業として参入するのは自然の流れ」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報