原子力委、信頼回復なるか プルトニウム管理厳格化
科学記者の目

(1/2ページ)
2018/3/11 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国の原子力委員会がその存在感をじわり回復させつつある。国際的に批判が高まっているプルトニウム管理のあり方について問題提起し、原子力白書も7年ぶりに発行した。電力会社などとの「癒着」を指摘され、東京電力福島第1原子力発電所の事故をきっかけに大幅に権限が縮小された原子力委だが、信頼回復に向けて出直しに動き出している。

■プルトニウム保有条件を厳しく改定へ

2018年1月16日に開かれた原子力委。この日…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]