NECとキリンビール、画像解析で棚割提案の時間短縮

2018/3/7 18:00
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

NECは2018年3月6日から9日まで開催中の「リテールテックJAPAN 2018」で、キリンビールと共同開発した店舗棚割の画像解析システムを展示している。店舗における棚割のデータ化にかかる時間を約10分の1に短縮できるという。

棚割画像解析システムは次のような仕組みで使う。まずスマートフォンにダウンロードしたアプリで棚を撮影し、サーバーに写真を送信。棚割画像解析システムで商品の画像の特徴量を抽出し、事前に登録した商品マスターと照合する。商品名や数(フェイス)、棚の位置などの情報もデータ化。メーカーなど企業が保有する棚割ソフトとデータを連携すると、店舗棚をシステム上で再現できる。

スマホで写真を撮影すると、画像解析システムで商品名や配置、個数などをデータ化

スマホで写真を撮影すると、画像解析システムで商品名や配置、個数などをデータ化

棚割を自動でデータ化できれば棚割提案の改善につながる。飲料などのメーカーは小売りに対し、他社製品を含めた商品構成や配置など売り上げを最大化するための棚割を提案している。提案が採用されれば自社の売り上げに有利となるため、各社がしのぎを削ってきた分野だ。メーカー提案の棚割と実店舗の棚割を比較・分析することも可能である。

従来は営業担当者が実店舗で撮影した写真と棚割ソフトを組み合わせ、手作業で1つの棚をデータ化しており、1時間強を要していた。棚割画像解析システムを使えば、約10分の1の7分ほどでデータ化できるという。節約した時間を提案の改善など使える。「これまでは営業力や顧客との関係などで決まっていた提案活動に、ロジカルなデータ分析力が求められるようになってきている」(NEC プロセス業ソリューション事業部 食品・飲料インテグレーション部の宮崎光太郎主任)という。

NECは棚割画像解析システムの提供を2018年5月に始める。利用料は月額50万円(税別)から。別途初期費用がかかる。キリンビールは2018年5月の導入を3月5日に発表済みである。

(日経 xTECH/日経コンピュータ 田中陽菜)

[日経 xTECH 2018年3月6日掲載]

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]