/

トランプ氏、輸入制限を通商交渉の取引材料に

【ワシントン=鳳山太成】トランプ米大統領は6日、鉄鋼とアルミニウムに発動する輸入制限に関して「米国に何かしてくれない限り(関税を解除する)選択肢はない」と述べ、各国との通商交渉で圧力をかける取引材料として使う考えを示した。安全保障を理由に関税を課すのが本来の目的だが、他国から関税引き下げなどの譲歩を引き出す交渉戦術にも活用するとみられる。

スウェーデンのロベーン首相との共同記者会見で述べた。「北米自由貿易協定(NAFTA)でカナダ、メキシコと取引ができるなら関税を課す理由はない」と述べ、米国が望む形で再交渉がまとまれば、カナダとメキシコへの関税を解く方針を明らかにした。

NAFTA以外の国に対しても輸入制限をテコに譲歩を求める。一例として「欧州連合(EU)が米国製品を輸出できなくしている障壁を取り除けば(鉄鋼・アルミの関税解除で)協議を始められる。そうでなければ(関税を)そのままにする」と説明した。対日貿易でも同様の方針とみられる。

改めて輸入制限導入への決意に揺るぎがないことを示した上で、通商交渉で譲歩した国に対しては、個別に関税を解く可能性を示唆した格好だ。トランプ氏は鉄鋼とアルミにそれぞれ25%、10%の関税をすべての国に「無期限」で発動すると表明している。週内にも正式決定する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン