2018年8月21日(火)

オービス「時速200キロ超なら写らない」は都市伝説

2018/3/7 11:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 時速200キロ以上なら速度違反取り締まり装置(オービス)で撮影できない――。一部カーマニアに広がる噂は“都市伝説”にすぎなかった。警視庁が1日、中央高速で時速235キロを出した男(41)を摘発した。決め手となったオービスの画像には、新幹線並みのスピードで暴走する車のハンドルを握る男の表情まで鮮明に写っていた。

 男は約2年前の2016年1月の未明、国立市内の中央自動車道上り線法定速度(100キロ)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報