2018年12月10日(月)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

ブラジルで日本人指導者が柔道指導へ

2018/3/7 5:54
保存
共有
印刷
その他

【サンパウロ=外山尚之】日本のスポーツ庁はブラジルでの柔道の普及をめざし、日本人指導者が現地で指導にあたる取り組みを始めた。バルセロナ五輪の男子柔道86キロ級で銅メダルを獲得した岡田弘隆氏らがサンパウロなど5都市を訪問し、現地の柔道指導者などに指導法を講義する。将来的に学校教育での柔道の採用を目指す。

6日、サンパウロ市内で記者会見する岡田氏(左)

岡田氏は6日、サンパウロ市内で記者会見し、「礼儀などを含め、柔道が教育に有効だと伝えることができれば」と話し、現地の指導者との交流に意欲を見せた。13日までの日程でブラジル各地の学校を訪問し、実技指導や講義を通じて草の根の交流を進める。

ブラジルでは日系人の活動などもあり柔道人気が盛り上がっているが、裾野が広いとは言い難い。現地で柔道の普及活動にあたる講道館ブラジルの関根隆範会長は「公教育の場で、学問としての柔道を普及させる段階に進みたい」と述べ、今回の取り組み期待を寄せた。

今回の活動は日本政府主導の、スポーツを通じた国際貢献活動「スポーツ・フォー・トゥモロー」の一環として実施する。2017年にはブラジルの柔道指導者7人が来日し、日本での柔道普及に対する取り組みなどを視察した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

女子個人組手の決勝で八頭司(左)を攻める植草(9日、日本武道館)

 空手の全日本選手権最終日は9日、東京・日本武道館で行われ、体重無差別で争われた個人組手の女子は、11月の世界選手権銀メダルの植草歩(JAL)が決勝で八頭司歩(宮崎産業経営大)を3―0で下し、史上初の …続き (9日 19:11)

男子団体組手で優勝し、ポーズをとる吉岡(左から2人目)ら神奈川の選手(8日、東京武道館)=共同

 2020年東京五輪で初めて行われる空手の全日本選手権第1日は8日、東京武道館で都道府県別で争う団体組手が行われ、女子は世界選手権銀メダリストの植草歩(JAL)らの千葉が決勝で代表戦の末に静岡を退け、 …続き (8日 18:12)

世界初挑戦を発表し、ポーズをとるWBOスーパーウエルター級3位の井上岳志(5日、東京都内)=共同

 世界ボクシング機構(WBO)スーパーウエルター級3位で29歳の井上岳志(ワールドスポーツ)が来年1月26日に同級王者ハイメ・ムンギア(メキシコ)に挑戦すると5日、所属ジムが発表した。会場は未定で米テ …続き (5日 20:24)

ハイライト・スポーツ

[PR]