2019年2月22日(金)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

ブラジルで日本人指導者が柔道指導へ

2018/3/7 5:54
保存
共有
印刷
その他

【サンパウロ=外山尚之】日本のスポーツ庁はブラジルでの柔道の普及をめざし、日本人指導者が現地で指導にあたる取り組みを始めた。バルセロナ五輪の男子柔道86キロ級で銅メダルを獲得した岡田弘隆氏らがサンパウロなど5都市を訪問し、現地の柔道指導者などに指導法を講義する。将来的に学校教育での柔道の採用を目指す。

6日、サンパウロ市内で記者会見する岡田氏(左)

岡田氏は6日、サンパウロ市内で記者会見し、「礼儀などを含め、柔道が教育に有効だと伝えることができれば」と話し、現地の指導者との交流に意欲を見せた。13日までの日程でブラジル各地の学校を訪問し、実技指導や講義を通じて草の根の交流を進める。

ブラジルでは日系人の活動などもあり柔道人気が盛り上がっているが、裾野が広いとは言い難い。現地で柔道の普及活動にあたる講道館ブラジルの関根隆範会長は「公教育の場で、学問としての柔道を普及させる段階に進みたい」と述べ、今回の取り組み期待を寄せた。

今回の活動は日本政府主導の、スポーツを通じた国際貢献活動「スポーツ・フォー・トゥモロー」の一環として実施する。2017年にはブラジルの柔道指導者7人が来日し、日本での柔道普及に対する取り組みなどを視察した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

 世界ボクシング機構(WBO)フライ級前王者の木村翔(青木)が19日、東京都内で記者会見し、現役続行を表明した。昨年9月に田中恒成(畑中)に敗れ、タイトルを失った30歳の木村は「今年中にチャンピオンベ …続き (19日 23:00)

 全日本柔道連盟は19日、2016年リオデジャネイロ五輪男子90キロ級覇者のベイカー茉秋(日本中央競馬会)が右ハムストリング(太もも裏)肉離れのため、22~24日のグランドスラム(GS)デュッセルドル …続き (19日 15:22)

2度目の世界挑戦を発表し、ポーズをとる黒田雅之(18日、東京都内)=共同

 国際ボクシング連盟(IBF)フライ級4位の黒田雅之(川崎新田)が18日、東京都内で記者会見し、5月13日に東京・後楽園ホールで同級王者モルティ・ムザラネ(南アフリカ)に挑戦すると発表した。32歳の黒 …続き (18日 18:15)

ハイライト・スポーツ

[PR]