/

この記事は会員限定です

「紅い貴族」去り、政府管理下に 中国・安邦保険

[有料会員限定]

中国の大手保険会社、安邦保険集団が政府の公的管理下に置かれた。創業トップの呉小暉氏は共産党高官の親族とのつながりをテコに事業を急拡大したが、当局に経済犯罪で起訴された。実は同氏の後ろ盾とされた鄧小平氏の親族らはすでに安邦と距離をとっており、それが安邦が「神通力」を失う一因となった。中国の「縁故資本主義」は弱まりそうにない。

2004年の創業からわずか10年余りで総資産2兆元(約34兆円)、保険料収...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1445文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン