/

この記事は会員限定です

パナソニック100年 週休2日や中国進出先陣

平成以降は存在感薄く

[有料会員限定]

パナソニックが7日に創業100年を迎える。同社が採用した「日本初」の取り組みは多く、現代社会や企業のあり方に影響を与えてきたが、業績の浮き沈みも大きく、持続的な成長に向けては模索が続いている。

国内初のカラーテレビを発売したのは1960年。第1号機は当時の価格で50万円と高価だった。4年後に開かれた東京オリンピックでは世界初の衛星生中継にも成功し、その後のカラーテレビの普及が加速するうえで大きな転機となった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り705文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン