2019年7月18日(木)

神鋼「不祥事の沼」に改革派も沈む 川崎社長が引責辞任

(1/2ページ)
2018/3/7 6:30
保存
共有
印刷
その他

記者会見で厳しい表情を見せる神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長(6日午後、東京都中央区)

記者会見で厳しい表情を見せる神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長(6日午後、東京都中央区)

神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長は6日、都内で開いた記者会見で自らの引責辞任を発表した。アルミなど主力製品での品質データ改ざんという不正行為ゆえ続投は難しくなっていた。就任から5年、業績不振の名門を再生する「現場主義の改革派」として社内の期待を集めて成果も出したが、結局は不祥事体質の元凶である閉鎖的な組織風土を思うように改革できず無念の辞任に追い込まれることになった。

「1週間前に報告書の骨子を聞いた。辞任は誰にも相談していない。神戸製鋼が変わると信じて辞任を決断した」――。川崎社長は吹っ切れた表情で引責辞任についてこう語った。

それも無理はない。6日、2017年10月から進めてきた外部調査委員会の調査が完了したが、新たな不正が発覚したからだ。他のグループ6社や部門でも不正があったことが分かり不正品の出荷先は従来より増えて合計600社超になった。

6日に発表した再発防止策の目玉は会長職の廃止で、従来より増やす独立社外取締役の中から取締役会議長を選任。本来なら在任5年の川崎社長は今年春から会長に専念して次期社長を補佐するはずだったが、それもできなくなった。1999年に発覚した総会屋事件以降、ばい煙データの改ざん事件(2006年)や政治資金規正法違反(09年)など不祥事が続いてきた。突然のトップ交代で経営が迷走する事態が繰り返されかねない。

川崎社長への社内の期待は当初から高かった。12年10月に新日鉄住金が誕生してから4カ月後、13年2月1日に川崎氏の社長昇格が発表された。当時の神鋼は主力事業が苦戦して13年3月期は200億円を超える最終赤字になる見通しだった。川崎氏は閉塞感が漂う名門に新風を吹き込む存在として社内で喝采をもって迎えられた。

その経歴が異色だった。旧高炉5社時代から、鉄鋼大手の社長は営業畑や人事・総務畑が保守本流で、他部門から抜てきされることはほとんどない。川崎氏は80年の入社以来、主力の加古川製鉄所(兵庫県加古川市)で30年近く生産技術者として汗を流した。誠実な人柄もあり、現場の信頼は厚かった。それゆえ、神戸製鉄所(神戸市)の石炭火力発電所建設という社運を懸けた1000億円プロジェクトでも責任者を任された。

神鋼でも長く保守本流は「奥の院」とされた総務・秘書畑だが、99年の総会屋事件で次期社長とみられた役員が逮捕され、その後は企画畑の水越浩士氏と、国際派の犬伏泰夫氏らトップの系譜が変わり川崎氏に重責が巡ってきた。本人は気負いなく自らの信条を抱負として語った。「先頭に立つもの率先して行動し現場をもり立て事業の全体像を示すべし」だった。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。