横浜駅西口 地下連絡通路が開通 複雑な動線を解消

2018/3/6 22:00
保存
共有
印刷
その他

横浜駅西口の中央自由通路と相鉄ジョイナスなど西口地下街を結ぶ仮連絡通路が6日開通した。通称「馬の背」と呼ばれる階段の上り下りをする必要がなくなり、駅構内の複雑な動線が解消される。

西口地下街への仮連絡通路の開通を伝える掲示(6日、横浜駅)

工事は横浜市を主体に、JR東日本と相鉄アーバンクリエイツ(横浜市)が共同で進めてきた。これまでは駅構内から地下街に行く際、いったん階段を上がって地上に出た後に階段を下りる必要があった。仮連絡通路を通れば、駅構内から地下街にスムーズに移動できる。

地下街に向かう動線は西口バスターミナル利用者の通路にもなっており、人の往来が多い。馬の背は地上施設の利用者の動線とも重なるため、西口の混雑要因になっていた。

仮連絡通路は地下街側の一部に階段がある。2020年の東京五輪までに、スロープ設置などバリアフリー対応も含め工事を終える計画だ。

横浜駅西口では商業施設やオフィス、宿泊施設などが入る高層ビル2棟の建設計画も進んでおり、駅や駅周辺の光景は今後さらに変わる見通しだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]