/

野鳥にインフル陽性反応 熊本のハシブトガラス

熊本県は6日、同県天草市で見つかったハシブトガラス1羽の死骸を遺伝子検査した結果、A型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。今後、鳥取大で確定検査し、高病原性ウイルスに感染しているか調べる。

県によると、2月21日朝、天草市下浦町の畑でハシブトガラス5羽の死骸があるのを近隣住民が見つけ、うち2羽を国立環境研究所で遺伝子検査した。

県は発見場所から周辺10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定し、野鳥の監視を強化する。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン