/

アールビバン、株価指数先物で損失 業績予想を下方修正

美術品販売のアールビバンは6日、2018年3月期の経常利益が5億円と前期に比べ半減する可能性があると発表した。従来は12%減の9億円を見込んでいた。株式相場の下落で子会社が手掛けている株価指数先物取引に損失が発生する。

6日に株価指数先物の3月物を売却し、6月物に乗り換えた。これで4億8200万円の損失が発生する。6月物の市場価格が今後上昇すれば、経常利益は5億円より多くなる可能性があるという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン