恐怖の記憶、報酬で無意識に書き換え? PTSD治療に道

2018/3/7 2:00
保存
共有
印刷
その他

国際電気通信基礎技術研究所(ATR)のグループは、脳に残る恐怖の記憶を無意識のうちに書き換え、その記憶が起こす心身の反応を和らげる手法を開発した。脳が恐怖を感じたと推定される際にお金を渡すと、症状が治まった。心的外傷後ストレス障害(PTSD)の治療につながるとみている。

川人光男・脳情報通信総合研究所長と千葉俊周連携研究員らの成果で、米科学アカデミー紀要(電子版)に6日発表する。

実験に参加した…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]