日生、700万人に増配 死亡率低下で300億円還元

2018/3/7 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本生命保険は2017年度決算で個人保険の契約者の配当を300億円増やす方針を固めた。対象は700万件に上り、配当総額は前回の15年度分の30倍と過去最大規模となる。長寿化で死亡する人の割合が下がっていることを踏まえ、利益の一部を中高年などの契約者に還元する。他社も追随する公算が大きい。

増配額は契約している保険の種類や加入者の年齢などに応じて異なるが、1契約あたり平均で4300円程度となる見通…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]