/

この記事は会員限定です

日生、700万人に増配 死亡率低下で300億円還元

[有料会員限定]

日本生命保険は2017年度決算で個人保険の契約者の配当を300億円増やす方針を固めた。対象は700万件に上り、配当総額は前回の15年度分の30倍と過去最大規模となる。長寿化で死亡する人の割合が下がっていることを踏まえ、利益の一部を中高年などの契約者に還元する。他社も追随する公算が大きい。

増配額は契約している保険の種類や加入者の年齢などに応じて異なるが、1契約あたり平均で4300円程度となる見通...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り526文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン