2019年3月21日(木)

東日本大震災の死者、2人増 なお不明2500人超

2018/3/6 17:44
保存
共有
印刷
その他

警察庁は6日、発生から間もなく7年を迎える東日本大震災について、1日時点の死者が岩手、宮城、福島など12都道県で1万5895人になったと発表した。行方不明者の遺骨が新たに見つかり、前年同期から2人増えた。遺体の身元特定などで行方不明者は同15人減ったものの、なお2539人に上っている。

2017年3月以降に死亡が最終的に認定されたのは、福島県大熊町の木村汐凪(ゆうな)さん(当時7)と岩手県陸前高田市の男性(同80)。いずれも行方不明となっていたが、発見された遺骨のDNA型鑑定などで身元が判明した。

このほか、17年2月末までに身元の分からなかった6人の遺体が特定された。ただ、岩手、宮城両県で依然として計62体が身元不明となっている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報