2018年9月25日(火)

ウーバー、駐車場削減を支援 交通費補助で開発効率化

2018/3/6 9:27
保存
共有
印刷
その他

 【シリコンバレー=兼松雄一郎】米ライドシェア最大手のウーバーテクノロジーズは5日、日本経済新聞などの取材に応じ、駐車場の削減支援サービスを始める方針を明らかにした。マンション、空港、スタジアム、劇場などの利用者、住民に対しウーバーの利用費を補助することで駐車場の需要を減らす。都市部の自動車所有を減らす動きを後押しする形で不動産開発の効率化を支援。新たな需要を開拓する。

 ウーバーは英国で不動産会社モーダ・リビングと提携し、駐車場をほとんど設けないマンションの開発支援を始めつつある。テナントに毎月100ポンドのウーバー利用権を付与する。同社のアンドリュー・サルツバーグ交通政策担当責任者はこのモデルを空港、スタジアムなどに拡大する方針を明らかにした。米国の空港ではライドシェアの利用が増え、長期駐車場の利用が減り始めている。

 米ニュージャージーでは、駅周辺に駐車場を新設する代わりにウーバーが割安で利用できるようにすることで、開発投資を抑える取り組みが始まっている。首都ワシントンでは、夜間に側道の駐車スペースをライドシェアの乗降ポイントにする実験も始めている。

 サルツバーグ氏は「交通プラットフォームとして都市開発にも深く関わっていく」と語った。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報