/

金正恩氏「満足な合意」首脳会談巡り韓国特使と会談

(更新)

【ソウル=山田健一】北朝鮮の朝鮮中央通信は6日、金正恩(キム・ジョンウン)委員長が韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が派遣した特使と平壌で会談し、南北首脳会談について意見交換したと報じた。同通信は、金委員長が首脳会談を巡る文大統領の考えを特使から伝えられ「(韓国と)満足な合意をした」と伝えた。具体的な内容は明かされなかったが、時期などで進展があった可能性がある。

特使は、韓国大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長を首席とする5人。金委員長は特使の訪朝を「熱烈に歓迎」し、一人ひとりと握手した。特使は文大統領の親書を手渡し、北朝鮮が平昌冬季五輪に高官代表団などを派遣したことに謝意を示した。

これに対し、金委員長は平昌五輪が「南北の和解と団結、対話に向けた雰囲気を醸成する重要な契機になった」と強調。南北関係の改善と朝鮮半島の平和に関して「虚心坦懐(たんかい)に意見を交わした」という。

朝鮮中央通信は、南北首脳会談の実現に向け、金委員長が「当該部門が実務的な措置を迅速にとるよう、指示を出した」と伝えた。米政府が平昌パラリンピック後に米韓合同軍事演習を実施する方針を示すなか、韓国を対話に引き込んで、南北融和ムードを持続させる狙いとみられる。

一方、韓国大統領府は6日、特使と金委員長の会談とそれに続く晩さん会が、5日午後6時から約4時間12分実施されたと発表した。会談には、実妹の金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長や、金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長が同席。晩さん会には金委員長の妻の李雪主(リ・ソルジュ)氏らも加わった。

韓国大統領府によると、特使は6日午後に帰国する。注目される北朝鮮の核問題については、韓国政府関係者が「議論した」とだけ語った。

同委員長は、韓国政府高官を初めて朝鮮労働党の本館に招いた。訪朝初日に特使と会談したこととあわせ、韓国への厚遇ぶりが目立っている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン