/

米国防総省、南北対話を「慎重に楽観視」

【ワシントン=永沢毅】米国防総省のマニング報道部長は5日、韓国政府の特使が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長と会談したことについて「南北間の対話を支持する。慎重さを持ちつつ楽観的にみている」と述べた。南北対話の進展に一定の期待を示したものだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン