/

アマゾン、専用口座サービスでJPモルガンと協議 米紙報道

【ニューヨーク=大塚節雄】インターネット通販大手アマゾン・ドット・コムが米銀大手JPモルガン・チェースなどと組み、ネット決済専用の預金口座に似たサービスを検討していることが明らかになった。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)が5日報じた。銀行に口座を持っていなくても買い物の料金を決済できる仕組みを整え、若者の取り込みを狙うという。

ウォール紙は関係者の話として、今回の協議がアマゾンの銀行業への進出につながるわけではないと伝えている。だが、個人向け金融の分野でもアマゾンの存在が大きくなっていることを象徴しているといえそうだ。

報道によると、アマゾンはJPモルガンと米銀キャピタル・ワン・ファイナンシャルとの間で協議を進めている。協議は初期段階にあり、サービスの詳細は不明なほか、合意に達しない可能性もあるとしている。

アマゾンは銀行などに支払う手数料を減らすため、以前から自前の「口座サービス」を持つことを検討し、昨年秋に銀行側に提案を募ったという。収入や支出行動の詳細など、顧客データのさらなる蓄積も意識している可能性がある。

米大手銀側は、インターネットを使いこなす「ミレニアル世代」と呼ぶ若年層の取り込みに苦戦し、スマートフォンのアプリの充実など、新たな銀行取引サービスを急いでいる。アマゾンと組むことで若年層向けビジネスの足がかりにする狙いもあるようだ。

米株式市場では、アマゾンの急激な業容拡大のあおりで小売業界やドラッグストア業界などが苦境に陥る「アマゾン・エフェクト」が話題になっている。アマゾンとJPモルガンは1月、米運用会社バークシャー・ハザウェイと組み、3社の従業員向けにヘルスケアサービスを提供する新会社を設立すると発表しており、その際も医療保険会社などの株が売られた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン