2019年6月19日(水)

新素材グラフェンで放熱部品 神戸の新興企業が量産
トヨタ系ファンドが費用出資

2018/3/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新興素材メーカーのインキュベーション・アライアンス(神戸市)は新炭素素材グラフェン製の放熱部品を10月から量産する。6日にトヨタ自動車などが出資する未来創生ファンドから約2億5千万円の増資を受ける。グラフェンはダイヤモンドより硬い性質があるが、同社はさらに銅の10倍熱を伝えやすい高品質の状態で量産する技術を開発した。ウエアラブル端末向けなどに売りこむ。

未来創生ファンドは三井住友銀行などが出資し

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報