/

この記事は会員限定です

ステラケミファ 半導体向け薬液値上げ

[有料会員限定]

フッ素化合物大手のステラケミファは半導体の加工などに使う主力の薬液を値上げする。原料の無水フッ酸の供給が主な生産地である中国で環境規制により減っており、価格が高騰しているため。薬液価格の30~40%引き上げを目指し、半導体メーカーなどと交渉する。

無水フッ酸はエアコンの冷媒原料や半導体加工などに使う。中国での環境規制の強化が引き金となり生産量が低下している。一方で半導体向けの需要は増えており、調達価格が上昇。「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り222文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン