/

この記事は会員限定です

ヤフー、「先読み」で生き抜く食品通販の戦国時代

証券部 遠藤賢介

[有料会員限定]

ヤフーがインターネット通販でイオンと提携する。お互いの生鮮など食料品のネット通販の強化が含まれているもようだ。同分野は電子商取引(EC)や小売り大手がこぞって参入。「ヤフー・イオン連合」の参戦で、米アマゾン・ドット・コムや楽天セブン&アイ・ホールディングスなど主要プレーヤーがほぼ出そろう形だ。この戦国時代ともいえる環境下でヤフーはどう生き抜くのか。カギはため込んできたビッグデータに基づく消費者行動の「先読み」にありそうだ。

ヤフーのショ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1420文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン