/

この記事は会員限定です

高倉明・自動車総連会長「官製賃上げの弊害懸念」

[有料会員限定]

――メーカーは次世代技術の対応に資金がかさみます。賃上げ要求には不利ではありませんか。

「厳しい時期ほど先行投資として人への投資が必要だ。従業員が奮起するために月例賃金で報いてほしい。これまでの交渉では自社の将来像や競争力について経営側としっかり議論できている」

――政府は経済界に3%賃上げを求めています。追い風になりますか。

「弊害が出かねない。賃上げ率が3%を下回ると失望感が出て消費者心理を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り292文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン