明治系、医薬品包装設備を倍増 小田原工場に18億円投資 後発薬事業を強化

2018/3/5 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

■明治ホールディングス 傘下の製薬子会社、Meiji Seikaファルマが医薬品の包装設備の生産能力を倍増する。約18億円を投じ神奈川県内の工場の包装ラインを増設するほか、同敷地内の保管庫を拡張する。2018年10月に稼働予定。今後の後発薬事業の拡大に向け生産設備を整える。

医薬品の製剤から包装までを手掛ける小田原工…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]