/

この記事は会員限定です

長谷工、ハワイで100店超の商業施設 総事業費370億円

[有料会員限定]

長谷工コーポレーションはハワイのオアフ島で大型商業施設の開発に乗り出す。分譲住宅を中心とした複合開発区域で、2020年の開業を目指して100店舗以上が入る施設を建設する。総事業費は3億5千万ドル(約370億円)。将来は近隣区域でホテルや高級コンドミニアムの開発も検討し、中長期的に拡大が見込める観光客や富裕層の需要を取り込む。

商業施設は長谷工が1990年代から分譲住宅を手掛けているオアフ島西部の海岸沿いの地区で開発する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り372文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン