/

LG電子、AI付き有機ELテレビ発売 18年10モデル

【ソウル=山田健一】韓国LG電子は5日、人工知能(AI)を搭載した有機ELテレビを発売すると発表した。2018年に10モデルの販売を計画。音声認識を使って見たい番組を呼び出したり、気になる番組の情報を手軽に検索できたりする。AIを載せたスマートテレビはシャープなども販売している。有機ELテレビ世界首位のLGの参入でテレビとAIの融合が進みそうだ。

人工知能が番組の特性に応じて画面の色合いを調整する(5日、ソウル)

ソウルで5日記者会見したLGの権峰奭(クォン・ボンソク)社長は、「AIはテレビの品質を一段上げる。テレビの潜在能力も100%引き出す」と強調した。10モデルの画面サイズは55インチ、65インチ、77インチの3つ。販売想定価格は55型で300万ウォン(約30万円)から。

AIは、リモコンのマイクに放送局や番組の名前を呼ぶなどして使う。番組予約や出演者の情報検索ができる。テレビの画像エンジンと連携し、映画やスポーツなどの番組に応じて色合いを調整する機能も盛り込む。

権氏は18年の事業見通しにも言及した。17年に約15%だったテレビ売上高に占める有機EL比率が「今年は20%以上になる」と述べた。米国とオーストラリア、欧州10カ国に韓国を合わせた計13カ国を重点地域に位置づけて販売に注力する方針を示した。

LGの有機ELテレビの販売は、韓国をのぞく12カ国で約8割を占めるという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン