/

この記事は会員限定です

株5カ月ぶり安値、突破された防衛ライン

証券部 植出勇輝

[有料会員限定]

5日の東京株式市場で日経平均株価は4日続落。終値は前営業日比139円55銭(0.66%)安の2万1042円09銭だった。昨年10月12日以来、約5カ月ぶりの安値となる。トランプ米大統領の保護主義への警戒感や、じりじりと進む円高が嫌気され、株価は約3週間ぶりに一時2万1000円を割り込んだ。これまでの局面であれば指標面の割安感も指摘される水準だが、市場関係者には弱気ムードが広がっている。というのも、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1187文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン