/

この記事は会員限定です

北電、ジャガイモ発芽抑えるLED照明開発

[有料会員限定]

北海道電力は、収穫後に貯蔵中のジャガイモの発芽と有毒化を抑制する光源技術を開発した。道内の農業協同組合などを対象に、専用の発光ダイオード(LED)照明の製造・販売を本格的に始めた。新電力への顧客流出が続き本業が苦戦するなか、技術力をテコにサイドビジネスを育成したい考えだ。

ジャガイモは光に当たると緑色に変色し、食中毒の原因物質であるソラニンやチャコニンが生成される。そのため農協などのジャガイモ貯蔵庫では庫内...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り851文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン